DISCOGRAPHY

NEW RELEASE

PINK

BUY

DOWNLOAD

[CD+DVD] PINK

2017-01-25
RZCD-86245/B  ¥4,860(税込)

CD

01 City Lights  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
02 PINK  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
03 Valentine  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
04 Fancy Time  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
05 脂肪  
作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA
06 Rain Dancer  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
07 Blue Moon  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
08 Fried Noodles  
作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA
09 SPUR  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
10 Peppermint Town  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ

DVD

01 セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~  
02 さよなら90's Girl  
03 SU SA MIN  
04 ラブソング  
05 Don't let it go  
06 きみだった  
07 サーファー・ガール  
08 Kung Fu Girl  
09 Beautiful Day  
10 BOYフロム世田谷  
11 地下鉄のシンデレラ  
[DVD収録曲]
ライブ映像「TOKI ASAKO LIVE TOUR 2015 "Bittersweet"~子曰、四十而不惑。麻子曰、惑うなら今だし。~」10月31日(土)東京・日本橋三井ホールで行われたツアー・ファイナル公演DVD化。
メイキング映像:アルバム『PINK』レコーディング&ジャケット撮影風景を収録。

BUY

DOWNLOAD

[CDアルバム] PINK

2017-01-25
RZCD-86246  ¥3,132(税込)

01 City Lights  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
02 PINK  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
03 Valentine  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
04 Fancy Time  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
05 脂肪  
作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA
06 Rain Dancer  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
07 Blue Moon  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
08 Fried Noodles  
作詞:土岐麻子/作曲:G.RINA
09 SPUR  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
10 Peppermint Town  
作詞:土岐麻子/作曲:トオミヨウ
<アルバム参加ミュージシャン>
Guitar : 山本タカシ(M-2、M-9)・弓木英梨乃(M-3、M-4)
Percussion : 朝倉真司(M-2、M-5、M-10)
Strings : 吉田宇宙ストリングス(M-2、M-4、M-9)
Trumpet : 田中充・川上鉄平(M-2、M-4)
Flugelhorn & Euphonium : ゴンドウトモヒコ(M-3、M-5)


 
★店頭先着購入者特典★
店頭先着購入者を対象に1曲入りCDを先着でプレゼント!
2017年1月11日(水)~受付開始のiTunes及びApple Musicプレオーダー購入者を対象に1曲ダウンロードプレゼント!
=プレゼント曲=
「Blue Moon」 のアコースティック・ヴァージョン「Blue Moon -farside mix-」(Remix by Schroeder-Headz)

(先着購入者特典CDジャケット)



シティ・ポップの先人達は、当時、つねに新しい挑戦をし続けて時代の気分を切り拓いてきたのだと思います。
そのサウンドや世界観を、いま、単に懐かしい音楽としてオマージュし「これがシティ・ポップです、そういうジャンルです」と言ってしまうシーンに違和感を感じてきました。
先輩達が表現してきたように、“街の人の音楽”をつくりたい…それはこれまでも私の課題でしたが、今回の制作では特にそのことをずっと考えていました。
 
タイトルの”PINK”は…たとえば夢の色のこと。
現実を塗り替えるのが想像力だとするならば、その色のイメージがピンクでした。
このアルバムが皆さんの想像力のお供になってくれたら最高だなという願いがあります。
また、肉の色のこと、それは透けた肌の色のことでもあります。孤独な時、人が求める安心は、たとえばピンクの向こう側にあるかもしれません。
このアルバムが誰かの人肌のようなものになってくれたら、これまた最高です。
 
サウンドプロデューサーは、トオミ ヨウさんです。彼のソロアルバムを聞いて以来、ずっと一枚丸ごと一緒にやってみたいと思っていました。
彼の曲には都会的で孤独で甘美的な”独特な気分”があります。
過去に提供してくれた楽曲に詞をつけたとき、面白いようにすらすらと言葉が出てきたので、私の”独特な気分”との相性もよいと知っていました。
 
帰りの地下鉄や夜の車に異常に似合うアルバムになったと思います。聴いていると、街に恋をするように、我ながらドキドキします。
皆さんがどう聴いてくれるのか、これまたドキドキです。
あなたの景色が、ピンクに染まりますように…!(土岐麻子)
PAGETOP